img_0236

【動画あり】石川県加賀市にある放課後等デイサービスすくすくスクール 障害児のためのサポート施設

放課後等デイサービスは一言でいうと『障害児のための学童保育』と表現されることが多いのですが、もう少し付け足すと、異年齢の子ども達が個別から集団療育の中で社会性を育み、基本的な生活能力やコミュニケーション能力の向上を目的とした訓練の場です。
家族以外の他人との触れ合いの中で、たくさんのことを長い時間をかけて学んでいく場でもあります。

 

 

加賀市内小松市内への送迎

すくすくスクールの定員は10名で、対象は小学生、中学生、高校生まで。
平日は学校へ迎えに行き、帰りはご自宅まで送ります。
土曜と祝日はご自宅への送迎、日曜はお休みです。
夏休みなどの長期の学校休み期間は9:30~15:30でご利用いただけます。

独りの世界に閉じこもる生活

他人と関わることが苦手な子、運動が苦手で最初からやろうとしない子。
家ではほとんどゲームばかり、DVDばかり、インターネットばかり。
大人でも子どもでも増えています。
これは障害のあるなしに関わらず、です。

自立できるような関わり

ただ楽しく自分の好きなことをして過ごすだけでなく、本人の自立を考えながら、できないことにチャレンジできるように関わります。
子ども達は失敗を繰り返しながら、少しずつできることを増やせるように。
途中、できていたことができなくなったりもしますが、これも想定内のことですので、焦る必要は全くありません。
一人ひとり成長の時期があり、他の子と比べる必要もありません。
比べるなら昔の本人と、です。

良い習慣を身に付ける

ある日突然別人のように何でもできるようになる、というわけにはいきません。
時間掛かって当たり前、失敗して当たり前ということです。
良い習慣を身に付けてもらうために、周囲の大人の関わり方を少し変化させてもらうこともあります。
一つ一つコツコツと、地道に本人が努力し続けることでどの子も必ず成長できるということです。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です